人恋しいときこそカレが欲しい

ラブロマンスは年齢に関係なく楽しみたいね。年齢を考えたら私の結婚には両親は楽観視しているんだけどね。できればマッチングサービスは活用したくないし、あと2ヶ月くらいは頑張るかな!

沖縄にいる小柄な先輩はこれからゴールに向けて最後の気負いらしい。いいなあ。希望の愛情はどこから来るのだろう、となにげに妄想するからワタシも暇だなあ。とはいっても未だにラブロマンスの古傷があって躊躇しちゃうんだよね。

年格好を考えたらあたしの結婚には両親は楽観視しているんだけどね。そういえばこの頃はわりと夕飯少な目だからちょっと痩せたかも。至福!

同棲始めたら失望してしまいそうな男の子もいるだろうから生活スタイルは重点よね。確率的には生涯独り暮らしというのもあるのだから、女盛りの今が大切だよね。基本的に周りの後輩を見ていると恋愛関係が2年続いて結婚、というのがすごく多いみたい。ラブロマンスといってもやっぱりおもしろい会話のできる関係でないと飽きるものなのかなあ。

そもそも女性心理のわかる男の子にはなぜか親愛感がもてるね。たとえ好みでなくても。お互いの性格の違いをきちんと意識しあうこともラブロマンスのツボね。

ラブロマンスは年齢に関係なく楽しみたいね。チャレンジしても駄目な恋愛はどうすればいいのかな?ある程度不安だったり(ノ ゜Д゜)ノ。静岡に引っ越した仲間はもうカレから部屋の合鍵をもらったそうだから、まさに一心同体な関係なんだねー。