月別アーカイブ: 2015年10月

ヒアルロン酸の体内での役割

肌のハリと艶のために

肌のハリと艶のために

ヒアルロン酸は体内にもふくまれるタンパク質(ダイエットするなら、むしろ積極的に摂った方がいいでしょう)との結合性が高い「多糖類」との名前が付いたゲルみたいな成分です。
大変水分を保持する能力が高いため、化粧品や栄養補助食品には、ほぼエラーなくヒアルロン酸が含有されています。
加齢に伴って減少する成分なので、積極的に補うことを御勧めします。
冬が来ると冷えて血が上手くめぐらなくなります。
血液の流れが良くないと肌細胞に満足な栄養が届かず、代謝悪くなってしまい、細胞が上手く働かなくなってしまいます。
その結果、肌をいためたり、肌荒れを引き起こしてしまうため、血行の促進を心がけてちょーだい。
実際血液の流れが良くなることで、新陳代謝が活性化され、健康的な肌がつくりやすくなります。
乾燥する肌は、日々の洗顔とその後の潤い補給を正しい方法でやることで、より良い状態にすることができるでしょう。
週7日メイクをされる人の場合には、メイクを落とすことから改善してみましょう。
かクレンジングで大事なことは、化粧を残りなく落とした上で同時に、肌を守ってくれる角質や皮脂は肌から取りすぎないようにすることが大事です。
洗顔後の保湿は乾燥肌(保湿することも大切ですが、洗浄成分の強すぎる洗顔料を使わないことも大切です)の予防、改善に大事なことです。
これをおろそかにすることで肌の乾燥をすすめてしまいます。
また、クレンジングや化粧用品も保湿、保水に優れたものを選ぶ必要があります。
これに限らず保湿効果のある入浴剤を使用したり、お湯を高い温度にしないというのも乾燥肌(保湿することも大切ですが、洗浄成分の強すぎる洗顔料を使わないことも大切です)に有効です。
寒くなると空気が乾燥するので、肌の水分も奪われがちです。
水分が奪われて肌に潤いが足りないと肌にトラブルを起こす要因となるのでケアが必要です。
乾燥によって起こる肌トラブルを防ぐためにも保湿と保水といったケアを普段よりしっかりと行うようにしてちょーだい。
乾燥する時期のスキンケアのコツは肌を乾燥指せないという意識を持つことです。